歯科治療におけるアマルガム

アマルガムとは、歯科治療の現場において歯の修復に使われる材料です。操作が容易で、価格も安価ではありますが、銅や水銀の溶出などの問題があり、日本では現在、使用されていません。ただ、安価であることから、歯科治療に使用している国は少なくありません。長所としては先ほど述べた操作が容易であること、安価であることの他に、歯髄刺激性がない、硬度等が強い、などがあげられます。短所はやはり、水銀の毒性問題が非常に大きく、また、審美性が低い、歯質接着性がない、咬合力による変形や唾液による腐食が発生しやすい、などがあります。

短期間で矯正歯科治療するなら、このクリニックで。
部分矯正や短期間での治療が可能です。見た目も細部までこだわって治療が可能です。支払方法も選べます。

定期ケア

歯科で使われていたアマルガム

アマルガムいう言葉を聞いたことがありますか。歯科で使われる材料のひとつなのですが、以前はよく虫歯の治療後に詰めるのに使われていました。しかし最近ではアマルガムはあまり使われていないようです。実際に健康被害があったわけではありませんが、水銀が使われているというのが原因のようです。ですので、最近の歯科では、白いプラスチックの詰め物や金の入った金属の詰め物が主流になってきています。プラスチックの詰め物は金属よりも弱いですが、見た目がよても良いです。治療に行くこと自体が勇気のいる方もいると思いますので治療後は再度通院がないよう、しっかり診てもらったほうが良いです。

歯科治療材料の情報

新着情報

© 歯科に使われる素材とは. All rights reserved.