妊娠期・授乳期の歯科で注意する

妊娠期は、妊娠4〜7ヶ月の安定期に歯科に行くのがオススメです。妊婦にとって怖いのは、胎児への治療の影響です。心配だという人が多いのはレントゲンの撮影や麻酔などですが、レントゲン撮影は特に心配ありませんし、麻酔も局所的なものならば心配ありません。それよりも気をつけなければならないのは飲み薬です。歯科医では治療後に痛み止めを処方されることも多いですが、妊婦にとっては好ましくない影響が出ることもあります。妊娠期や授乳期には、担当の医師に相談のうえで安全に治療しましょう。

審美 歯科 名古屋で短期間での治療ができるクリニックです。
治療方法も選べるので、希望の仕上がりになりますよ。自信が持てる口元になりますよ。

歯科に通うメリットについて

歯科医院では単に歯磨きをしているだけではできない口の中の健康維持を行うことができます。細菌や唾液の量など口の中の状態は一人ひとり違うので歯周病や虫歯などの原因もそれぞれ違ってきます。初期症状は自分で気付くということがあまり無く、歯科に行くことで症状が初期段階のときに気が付きます。また歯磨きをするだけでは取り除くことができないプラークや歯石を取り除くことができます。口の中の健康維持は口の中だけの問題ではなく、口以外の場所とも関係があります。

歯医者 門真市のこのクリニックでは、幅広い治療が可能です。
小児歯科や歯周病、入れ歯、インプラントと家族みんなで利用できますよ。評判もいいです。

歯科治療材料の情報

© 歯科に使われる素材とは. All rights reserved.