行けばイメージが変わる歯科

歯科には、良いイメージがない人がほとんどかもしれません。暗い待合室、恐怖感をおある医療機器の音、痛みの激しい治療など、想像しただけでも身の毛もよだつ人もいるのではないでしょうか。そのため、虫歯になっても行くことができず、放置してしまうことも珍しくありませんしかし最近の歯科に行くと、イメージを一新することになるでしょう。待合室は明るく広々としていて、暗い雰囲気はありません。医療機器も進歩しているので、痛みや恐怖感を感じることもないでしょう。

裏側矯正が評判です。
器具を歯の裏側に付けるので、人に知られずに治療することができます。痛みもない治療もあり自分に合ったものを選べますよ。

矯正歯科の種類について

歯並びを治す治療である歯科矯正は、少し前まで銀色のワイヤーを歯の表面につける方法が一般的でした。しかし、この方法ですと、装置がとても目立ってしまいます。そこで、最近では、白いワイヤーなど目立たない装置が開発されました。歯の表面ではなく、裏側につける装置もあり、一見つけているのがわからないものもあります。取り外しの出来るマウスピース型の装置もあり、歯科矯正の種類は増えています。歯並びによっては、希望する装置ができない場合もありますが、患者さんの選択肢が増えています。

歯科治療材料の情報

© 歯科に使われる素材とは. All rights reserved.