歯科予防になる歯磨きのポイント

しっかり歯磨きしているのに、何故か人より歯科医のお世話になっている。そう感じたことはありませんか。もしかすると歯磨きの方法自体が間違っているかもしれません。例えば、歯磨き粉の使い方。ホワイトニング効果を謳っている商品だからと、ブラシの端から端までたっぷりと乗せている人。研磨剤たっぷりの状態で歯をごしごし丁寧に磨いてしまうと、歯の表面が凸凹になり、虫歯菌のエサが溜まりやすくなってしまうのです。歯磨き粉は少しずつで十分。歯科治療の回数を減らしたいなら、まず歯磨き粉の使用量から減らしてみては。

歯科医院の役割について

歯科医院には歯のトラブルや病気などの時に通うイメージですが、かかりつけのところを見つけて定期的に通うといいです。特に幼い子どもやお年寄りはトラブルを直前に気づくことができないことも多いため、検診を受けることによって歯科医師に気づいてもらえるようにすることで大事に至らずに回避できることもあります。歯の健康を守るのも歯医者の大きな役割のひとつです。未然に虫歯などを増えいでおくことでいい状態を維持できることもありますので、歯磨きの指導をしたり、衛生状態を良くすることも大切です。

歯科治療材料の情報

© 歯科に使われる素材とは. All rights reserved.