歯科用語・アタッチメントの意味

アタッチメントとは歯科用語で、入れ歯と残っている歯をつなぐ連結装置のようなものです。歯や顎の状態によって使用できるものが違い、既製の器具、自家製の器具など種類もたくさんあります。一般的には、クラスプというバネが使われています。多くの病院で使われているのは、磁性アタッチメントです。入れ歯と残っている歯のそれぞれに磁石を取り付ける方法です。この歯科治療法を使用すると、長時間使用しても壊れにくい、入れ歯の出し入れや取扱いが簡単になる、見た目がよい、入れ歯を取り外すときに歯に余分な力がかかりにくい、などのメリットがあります。

定期ケア

アタッチメントについて

アタッチメントとは、歯科用語の一つです。残っている歯を削って、それにクラウン、冠と呼ばれる差し歯、陶材冠いわゆるセラミックをかぶせます。それらと入れ歯をつなぐ連結装置のことをこうと呼びます。普通、残っている歯と入れ歯をつなぐ装置は、クラスプと呼ばれるバネなどが使われますが、このアタッチメントは、バネがありません。つまりこれは「バネのない入れ歯」なのです。この器具は、既存のものから自家製のものまで種類が多くあります。歯が抜けている場所、どの歯を使うかによってもどのような形状のものを使用するかかわってきます。どういった形状のものを使用するかはそれぞれ歯科医院で異なる場合もあります。

歯科治療材料の情報

© 歯科に使われる素材とは. All rights reserved.