元気の源は歯科にあります

歯医者、医療機器の音が苦手な人もいるでしょう。しかし、歯を守るために、定期的に歯科医院に通う必要があります。最近では、数ヶ月に一度、定期検診のハガキが来たりしませんか。以前なら、ハガキで知らせてくれるようなサービスはありませんでした。最近では、虫歯が出来る前に通うイメージになりつつあるのが歯科医院です。予防を謳っている医院も多く、長い付き合いをしている患者さんも多くいらっしゃいます。歯が健康かどうか定期的に診てもらうことで、高齢になっても自分の歯で美味しく食事が味わえて、長寿でいられます。

歯科医院で定期的なお手入れを

最近、厚生労働省は「80歳になっても20本以上の自分の歯を保とう」という運動を行っています。これを達成するためには、長い長い歯科保健対策が必要です。歯を抜くほどの重大事に至る原因の主なものは、虫歯と歯周病です。これは予防を徹底することで、ある程度防ぐ事ができます。虫歯予防にはフッ化物が効果的で、歯磨き粉に配合されているのをよくみかけます。一方の歯周病予防には口腔内清掃が有効です。自分で正しい歯磨きを継続して実践するのはもちろんですが、定期的に歯科医師というプロの手による歯垢、歯石除去をすると良いのです。

歯科治療材料の情報

© 歯科に使われる素材とは. All rights reserved.